イメージ1

iPhone6最新NEWS

サンプル画像

2014年2月頃に世間的に広まっていたiPhone6の予約最新情報として、有名なのがiPhone6のビジュアルデザイン流失写真でした。iPhone6のビジュアルデザインは、世間的には全く謎となっていた頃のリーク情報だっため、多くの人々が興味を持ちました。このiPhone6のビジュアルデザインを流失させてしまった人物は、オーストラリア人のSonny Dickson氏。彼はMACRUMORSにて「中国にいる誰かに共有されたものだ」と語り、画像を公開しました。

サンプル画像

共有したとする中国人本人も「この画像は、iPhone6の本体である」と主張をし、たちまち世界的にリークされた画像は、広がりました。またMACRUMORSは、「このiPhone6の写真(画像)が本物のiPhone6であるか、ないかについては、わからない」とコメントを残し、実際にリークされた画像が本物なのか偽物なのか、わからないままの結果となりました。

サンプル画像

流失してしまった、iPhone6のビジュアルデザイン写真は、サイズなどは噂通りの2種類のタイプのうちの1種類であることがわかりましたが、本来裏側に記載されているはずのFCC認証テキストが記載されておらず、一時は「フェイク画像」説も流れました。しかしiPhone6予約発売が間近となった最近では、「あの流失写真(画像)と殆とんど変わらない液晶画面サイズやコンパクトな薄さのiPhoneが発売されることに間違いないだろう」と噂が更に大きくなっており、現在の情報を照らし合わせてみても、当時のものと全く同じiPhone6が発売されるであろうといわれています。流失されたiPhone6の写真は、確かにスリムなデザインや既存しているアイポッドタッチ、アイパッドミニ、アイパッドエアーと全く同じカーブやエッヂデザインであることからも、アップル社独自のビジュアルデザインが特徴であり、最も有力なリーク画像だったのではないかといわれています。

サンプル画像

2014年3月頃に話題となったiPhone6の最新情報の代表としてサイドビュー型のLEDが採用されることにより、より薄く軽くなる可能性が高いというものがあります。この情報は、LEDINSIDEの報道により世界的に大きく広まった情報でiPhone6は、4.7インチディスプレイと液晶画面が大きくなり、そしてより軽くなったフレームが装着されることにより今までのiPhoneシリーズよりも遥にコンパクトで持ち運びのしやすい、シンプルなビジュアルデザイン仕様となるといわれています。0.4ミリのサイドビュー型のLEDが採用される予定もあるため、iPhone5sよりも0.2mm程スリムになるといわれています。

サンプル画像

また、この報道を発表したメディアは、iPhone6の発売日が2014年6月であることも予測をしたそうです。多くのメディアが2014年3月時点では、iPhone6の発売は9月頃が有力だろうと言っていたのにもかかわらず、意思を曲げることなく、「6月に発売されることが有力である」と、LED採用を発表したメディアは、発言し続けました。そして、このメディアのみが「iPhone6は、2種類発売される」と発表をしなかったことも、とても面白い予測だといわれていました。iPhone6以外にも発売を予測しているものが、LEDINSIDEにはあります。

サンプル画像

それは、新型iPadについてです。新型iPadもiPhone6同様、12インチの薄い液晶画面を採用したものを発売するのではないかと予測しています。iPadは、アイフォン6 asiaと比較すると少々話題性が少ないため、予測をするメディアも少ないとされています。そのため、このLEDINSIDEは、iPadの液晶予測についても注目度が高くなりました。発売日の予測に関しては、既に6月を過ぎてしまったため、外れてしまったといえますが、このLED採用については、どのような結果になっているのでしょうか。アップル社の発表が楽しみです。

Topics

2014.08.01

今回のApple社の自信
前回のiPhone5s/cの2倍以上の販売台数を予想!?